Solid Dosage

製剤

製剤プロセスには、粉体、顆粒、錠剤、カプセル及び丸薬のような形状の固形薬に成型するため、原薬(API:Active Pharmaceutical Ingredients)を賦形剤と混合する工程があります。

 

マトコンIBCを用いた方式は、製剤業界で広く使用されております。私どもは、粉粒体をIBCの中で混合する方法、混合粉粒体を偏析・分離させないでハンドリングする方法、タブレットを破損しないでハンドリングする方法等を提案することができます。

 

その成果として、私どもは、多くの優良製薬会社及びジェネリック薬品会社向けに多くの設備を納入させて頂きました。

 

マトコンは、造粒、ローラー圧縮、粉砕、混合、打錠、コーティング、印刷、包装とのインターフェースについて知識と経験があり、調製システムや混合機を含む製剤工場向けに広範囲のIBCを用いた方式を提案しています。

 

私どもには豊富な経験があり、次のようなケースに対応しています。

  • 封じ込め(必要があれば、1μg以下の封じ込めを達成)
  • 窒素パージ
  • CIP(定置洗浄)
  • 混合品排出時の偏析・分離防止
  • 素錠のようなもろい粒体を優しく取り扱い、割れ、欠け防止

詳しくは横のボタンを選ぶか、私どもに連絡してください。