システム構築力

Systems Solution

マトコンのシステム構築力

IBC内の粉体、顆粒、錠剤等々のハンドリン
グと加工法について、マトコンは最良の方法を提供いたします。 機器単体からターンキー ベースでの粉粒体ハンドリングシステムまで、概念設計から試験、設計・製作、据付、オペレータ教育まで、マトコンはIBCを中心とした総合的な技術を提供しています。直接的、二次的又は統括的なシステムの供給者として、当社は、各種の取引形態に対応しています。


 


リスク低減

どのプロジェクトのどの段階に於いても、 お客様とマトコン双方の技術上、経済上のリスクを最小にすることをマトコンは第一目標としています。 このために、マトコンはお客様のご要望を十分理解すること、お客様にはマトコンの技術と力をご理解頂いています。 これを成し遂げるには、お客様と直に話し合いをし、可能であれば各地にあるマトコンのテストセンターで実規模実験を行います。

 


課題克服と費用削減

マトコンの経験豊かな技術者がチームを組んで、お客様の費用の低減と問題の解決にあたります。 当社は、粉粒体処理に関する広範な実務経験と、業界各々の“ベスト プラクティス(最良のやり方)”についての知識を活用します。 当社の、コーンバルブ技術と、経験並びに知識と、他の機器を統合する能力を活用して、お客様のご要望にお応えしています。

評価

私どもは、どのプロジェクトでも“評価”段階を重視しております。この段階で間違えると、プロジェクト全体が危うくなります。 エンドユーザー、エンジニアリング会社、その他の機器供給者と密接な連携を保ちながら、マトコンは設計と評価を行います。 このようなわけで、マトコンはしばしばIBCのプロセスフローを決定するためにお客様のプロジェクトメンバーに加わっています。


管理体制

評価が済んだ後には、プロジェクトを予定通り、仕様通り完成させる担当者と組織が必要となります。 評価前と同様に、私どもはリスクを最小にすることに注力します。 私どもは、プロジェクトのスタートに当たって計画が適切か、粉粒体管理の面から検討します。 また、各プロジェクトの進捗状況を定期的に調べて評価し、お客様にすべて報告致します。 機器部品は、当社の工場で、すべて試験・検査します。 装置は、組み立てられ、実用上十分な範囲で粉粒体を用いて、テストします。 プロジェクトの各段階は、関連する文書に従って進められます。この文書類は契約の一部になっております。


Validation Outline

バリデート

私どものプロジェクトの多くは、規制の厳しい業界 - 特に医薬業界 - 向けです。 これらのプロジェクトにあっては、機器の機能性と関連文書が統括的にお客様のバリデーションの要求に適合していることが非常に重要です。 マトコンには、大騒ぎしなくても、バリデーション可能な装置と適切な文書を用意しているという実績があります。